2019年01月21日

貸主を誰にしたらいいの?

株式会社まるよし産業

建物情報館

スモッカ








最近よくオーナーさんやその次の世代の方DSC_0842.JPG

新規で賃貸を始めようとしている方々より

「貸主=オーナー」は誰にすればいいの?

と聞かれることが多いです。


そんな時の私の必殺の一言は

誰でもいいんじゃないの?

申告しないつもりなら別だけど

そうじゃないなら別に誰でもそんなに問題じゃないのでは?


こう聞かれる人は大概が、所有者さんが別で

ある程度高齢になっているケースが多いです。


厳密にいうと、何かあれば貸主さんの出番になる

であれば高齢で動きにくい方よりも

フットワークの軽い現役世代がなっていたらどうですか?


このタイミングの時に

脱税するつもりじゃなきゃキチンと申告すれば

そんなにこだわる必要はないと思うよ

ともプラスしてアドバイスをしています。


ま、でも会計事務所さんあたりが絡んでいると

ほぼ7割から8割ぐらいの方が毎回のように

高齢の所有者さんへ決めてくる。


大概は所有と貸主が違うと

やれ賃料のやり取りがどうだとか

決まり切った事を言われるようだが

分かってないな〜確かにそういう目線もあるが

むしろ本当に何かがあった時には誰がでていくの?

弁護士さんにでも頼むの?

なんて思いながらアドバイスをしていました。



あなたならどうしますか?

賃貸派か売買派か、そんな論争に近くて

ま、好みでいいじゃないかな〜と思いながらお付き合いしています。






写真は、最近お聞きした

湿度があったほうが体感温度が高く感じるよ

という話を聞き、いただいていた加湿器を引っ張り出して

活用していました。

まだ私は実感できていませんけどね(笑)



posted by (利 at 05:00 | 青森 ☁ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


不動産のことなら まるよし産業 へ

まるよし産業