2019年03月06日

人生の先輩からの教え

少し前にも記録していますが、DSC_1044.JPG

最近、オーナーさんやお客様から

アドバイスや話を聞く機会があり

昔はスルーする事が多かった事を

うまくキャッチできているかな!?

そんな事を思う今日この頃でした。








株式会社まるよし産業
そういえば
今年度から思い切って3月も定休日を実施しています。
御用の方は木曜日にお願いします。

建物情報館

スモッカ

*SUUMOさんやホームズさんなど他社サイトでも、
気になるお部屋がございましたらお気軽にお声がけご相談ください。









最近衝撃を受けたオーナーさんからの教えは

「段々と先が無いから、、、」

何ていってもの凄くスピーディーにかつ強引に

話を進めていくオーナーさんに

「何でそんなに先が無いと言うんですか、、、?」

「何となく動物的な勘で分かるんだよね」

と言われました。



いや〜仕事柄、「最後は頼んだよ!」

とよく言われる私も、

さすがにそこまで踏み込んで聞いたことが無かったので

衝撃的な印象に残る会話でしたね






また、90歳を超えたご夫婦の会話で印象に残ったのが

「90を超えた旦那さんが、いまだに現役のつもりで発言するから

息子さんと喧嘩する(困らせている、、、)」

へ〜そんな年になっても喧嘩するんだな

という事を感じた場面も体験しました。



そんな時に思い出した言葉が

「老いては子に従え」

いくつが老いというんだろう!?

わたしの実務経験から行けば

例外もあるのだろうが67,68ぐらいが一つの

一般的な境目になっているように感じる。


何でそう感じるのか?

土地の売却など大きな決断を出来るか出来ないか

そんなケースが多いです。

えてしてこれ以降の場合は踏ん切りがつかないケースが多いです。

あっ、あくまでも一例です(笑)








それ以外にも、、、


またの機会にはしますが

先日、同年代ぐらいのお客様と手続きの最中に

いつから「お姉さん」から「お母さん」に呼称が変わるのか

また、なんで私が最後をよく頼まれるのか

そんな事を記録してみたいと思っていました。




posted by (利 at 08:30 | 青森 ☁ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


不動産のことなら まるよし産業 へ

まるよし産業