2011年01月16日

本来は正しい走行位置のはずが…

201101161429000.jpg自転車が、雪の影響で歩道を走れなくなり、本来の走行位置であるはずの車道を走っていると、
かなりの車にクラクションを鳴らされているみたいです。


そんな光景が市内のあちらこちらで見られるようになったのですが、自転車って確か元々車道を走るのが正しいはずなのに何であんなにクラクションを鳴らしているんだろう?という疑問を持ちながら走っていました。

気になったので、ネットでも検索してみたが、ご当地はやっぱり車道走行であっているみたい。

さすがに道も凍っている所があるので、きのうあたりはかなりの衝撃ですっ転んでいる自転車も見ていますが、それより多いのは車の走行スピードがやけに遅いな〜と感じた後でのクラクションの鳴る音。ま、間違えてるとはいえ、鳴らされる自転車にしてみたらたまったもんじゃないだろうな〜というのと、そんな自転車を引かないように気を付けなくてはexclamation×2と思う自分がいました。


そういう心配と合わせて
車で走っていると、左右を確認しないで渡る歩行者の方が多くなってきて
大丈夫かな?と思う事が多い今日この頃でした。





タグ:自転車


posted by (利 at 14:34 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


不動産のことなら まるよし産業 へ

まるよし産業