2011年02月08日

買います。と言ってみたものの…

201102081210000.jpgどうすればいいの?

その価格って妥当なの?




そんな質問を受けながら、対応させてもらったお客様とのやりとりのヒトコマでした。

確かにお客様には、購入を希望する土地や建物の内容はよく説明をするが
いざ購入しますとなるとまた別の説明が必要になる事が分かりました。

というよりは、

分かっているつもりだったのですが
お客様の立場になるとまだまだ配慮が必要で
冒頭のような声が発せられました。



実際のお客様との流れをもう少しお話しすると

お客様:来店されて、条件が合うようなら購入を前提に
価格の交渉をお願いします。

わたし:了解しました。確認して連絡します。

わたし:確認後、条件がおりあいましたので契約しましょうか?

お客様:いいですよ。
でもこの後どうすればいいんですか?



そこでわたしは「ハッ」
よく考えてみれば、重要事項の説明も流れの説明もしていない。
それなのに契約の段取りだけを提示して話を進めている。

それじゃどうすればいいんですか?
とも言われるな。という事で
急遽契約の説明も含めてお客様と打合せをさせていただきました。


実際には、
契約の前に基本の重要事項を説明させていただき
その後に契約の日付を設定させていただいたのですが
良いか悪いかは別にして
勢いが必要な時もあるが、お客様が積極的な時ほど
臨機応変に説明を大事にしていこうと思う経験でした。


ま、気をつけているつもりでも
まだまだ経験が不足していると感じましたので
本年も数多くの契約を経験させていただき、
より一層の成長を目指しておりましたので
購入という力強いお手伝いのほどをよろしくお願いします。




写真は、全然関係ないのですが、
急いで売りたしの物件を見に行ったら
学校のプールに水が張ってあり凍っている珍しい光景になっていたので
パチリと

キッと災害時の対策なんだと思いますが
ひと昔前の冬期間はプールは空という感覚は
古いんだな?と思いました。

タグ:不動産


posted by (利 at 12:59 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


不動産のことなら まるよし産業 へ

まるよし産業