2011年03月18日

落ち着いていました。

image.jpg予震、これ以上大きいのが来ないといいですね。



津波がきた次の日に撮影していた道路をふさいでいた船が
一週間経ったらこういう感じで寄せられていました。


震災があってはじめていったのですが、
船の撤去費用は所有者持ちなので
波では流されるは、その後の片づけをしなくてはいけないは
踏んだり蹴ったりとはこのこと?



地震後のお客様からいただく一番の質問は
「クロスにヒビが入ったんですけれども、どうすれば良いですか?」

本来であれば、
すぐに見に行って現状を把握できればいいのですが、
何せこの燃料不足で、、、

お客様に記録をしておいてもらって
後日の訪問という形をとらせてもらっています。



また、オーナー様からも修理はどっちが?
という質問をいただいておりますが、

基本は、自然災害ですので
「オーナー様の負担になります。」
という事を、入居者様・オーナー様にお伝えしています。


なかには、「何で?」
という声をいただくケースもあるのですが、
本当の意味での理由は
記載できるほどの知識を
習ったけれども覚えていないので
もう一度復習しておきます。


ただし、
何も連絡をしないで退室の時に
「これって地震の時に、、、」
何ていうのは、何ヶ月か経ってからはダメですよ。
という事も入居者様にはお伝えしておりました。

念のため






タグ:予震


posted by (利 at 16:34 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


不動産のことなら まるよし産業 へ

まるよし産業