2011年04月12日

当たり前に違和感を…

201104120808000.jpg朝見た不思議な光景。



写真はタイトルとは関係ありませんが、
朝の通勤途中、片側2車線の計4車線のど真ん中で
警察車両が停まっているexclamation&question

んっ何でだ?と見ていると、
横断歩道があり歩行者の方が待っていた。

停まるのが当たり前と交通ルールでは教えられていたが
もちろんそんなに守っている意識もないし
4車線の通りで信号も無しにいきなり停まる車も無く
少しの間時間は経過・・・

最終的には、周りの車が異変に気付き停車
無事歩行者の方は渡れました。


本来のルールからいったら当たり前かもしれないが
随分と違和感がある光景だったので記録を。


もしかして交通ルールを厳格に運用していくと
道路とは歩行者の為の道
何ていうのを思い出したというか。。。

事故を起こさないように細心の注意をします。




いままでの経験でいけば、

ここ何日か大小さまざまな地震が連発しているので
大きな地震が来る?
何てことをもの凄く連想しているが

かつてのことわざ通りでいけば
いまの事態はどちらかといえば
収束に向かっている予兆と理解しています。

が、本震も大きかったし
同時多発的に複数の震源があったので
余震の数ももちろんもの凄くて
とても収束に向かっているようなイメージは無いのですが

でもでも
わたし自身は小さい集まりながらも
家族と会社を預かる身としては
備えあれば憂いなし

見直しは常時行っていこうと思う今日この頃でした。


まずは
会社の”非常時の連絡網や行動の体制作りから”




タグ:横断歩道


posted by (利 at 08:22 | 青森 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


不動産のことなら まるよし産業 へ

まるよし産業