2011年05月31日

人に歴史あり、土地にも…

image.jpg人生と同じ?



本日の一枚は、
恒例の土地売却を頼まれている方の所から
パチリと。

先日あるオーナーさんの所にお邪魔した時に
何となく原っぱで残っている土地には
どちらかと言えば黒歴史があり
いまの状態になっている。
なんていう話を聞く機会がありました。

チョッとした所なのですが、
だいたいの話の始まりは
道路を便利にしたいから区画したり
道路を広げるのに協力して欲しい。

「いやいまの自分にはそんなのは関係ない。」

そういう所の行き違いから
最終的には協力をしない。
という結果が
いまの自分の土地が活用できない現状になっているみたい。


確かにかつては持っているとステータスだった時代があったが
いまは重荷になっているケースがほとんどで
固定資産税や下水道の負担金支払いを求められ
税金のために資金を作るのに四苦八苦している方をよく目にする。

かといって今のご時世、
土地を売却するにも納得いくような価格が
提示されないケースがほとんどなので
売るにも売れずにどうしたら、、、

なんていう形で様子見をしているようです。


ま、様子を見るのもそうですが
その時その時にあった動きがあるようですので
わたし自身はよく周りを見ながら対応してみます。




タグ:歴史


posted by (利 at 04:43 | 青森 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


不動産のことなら まるよし産業 へ

まるよし産業