2011年10月28日

自分の土地を使う人がいる?

DSC_0137.jpg断りが有ってならいいが、
無断で…
何ていう話らしい。






何でわたしがそのような相談に遭遇するのかというと

どうやら、勝手に使っている方のお手伝いをし
知らぬ間に加担してしまっていたらしい。



レアなケースなので
何とも言えないがすごく難しいようで
でも将来を見据えて考えれば
さっと終わるような問題のような気もするが
この先は何とも分かりません。


ひとつだけ言えるのは、

わたしはいつまでも後ろ向きに力を使うのが好きではないので
それ位ならお好きにどうぞ。と言って、
さっさと違う活躍の場面を見つけるようにしている

元来が少し飽きっぽい
もとい、変化を好む性格なので
そんな考え方が定着しています。




えてして相談にいらっしゃる方は土地を持っている
わたしよりも年齢が上の方が多いのですが、

少しだけわたしとの年齢差を考慮してみると
わたし達は比較的恵まれた年代で
親世代ががんばってくれたおかげで
持ち家があるのが案外当たり前のようになっていた

まあ人によってはそうではないかもしれないが
総じてはそういう傾向の時代だったように記憶しています。



また、近年の土地の値段の下落をみていると
固定資産税の負担を重く感じる地主さんのお手伝いをし
土地を所有している事が必ずしもいい事とは思えない生活をしている。

そういう時代背景がある考え方から
アドバイスや応対をすると
ジェネレーションギャップがあるらしく
ガッカリとした反応をいただくケースが多い。


今回もそういう感触をいただいておりましたが
そこは仕方ないと考えています。


また今回話をしていて思ったのは
教科書でしか習ったことがない
他人の土地を20年間使用していると自分のものに出来る。
にも該当していてどうなるのかな〜
などと行く末を心配していました。




タグ:境界


posted by (利 at 08:04 | 青森 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


不動産のことなら まるよし産業 へ

まるよし産業