2011年11月03日

パンクして強制的にひと汗を…

DSC_0145.jpgとある貸家を確認にいって
こんな仕上がりです。



タイヤのパンク。
そうある事ではないので
たまにあると何をしていいやら試行錯誤しております。


ただわたしは、今回とてもラッキーだったのは

ちょうどタイミングよく3ヶ月ぐらい前に
車の点検でディーラーさんにお邪魔し
スペアタイヤや道具のある位置をお聞きし
頭の中でシミュレーションしていました。

なので試行錯誤はしていましたが
机上のお勉強が終わり実地がやってきて
強制的にクリアしなくてはいけない場面
何ていう感じでした。




不幸中の幸いは、
何より雨降りじゃなかった事。
車に傷がつかずタイヤだけで済んでいる事
最近お世話になっているスタンドの方に電話したら
その方ズバリが出られて
すぐにタイヤの手配をしてもらった事。

何ていう運の良さも発揮させてもらっています。




仕事の記録に戻ると

わたしがこうやってパンクさせると言う事は
入居するお客様が必ず起こしてしまう
という事であり

今回の事をキッカケに
根本的に発生しないように
オーナーさんに声がけが必要な事案だろうな
何ていうことを思いました。



実は、類似したケースが過去にあり
対応していなかったら
やはりお客様が車をぶつけて
とてもガッカリさせた記憶がよみがえり




オーナーさんへひと提案してみます。

リフォームしたばかりだから叱られるかな?








タグ:パンク


posted by (利 at 12:23 | 青森 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


不動産のことなら まるよし産業 へ

まるよし産業