2011年12月08日

未登記の建物なんですが…

DSC_0208.JPG電話当番をしていたら
オーナーさんからご相談を受けました。




建物が未登記でどうすればいいですか?

何に使うか分かりませんが
特に用が無ければそのままでいいですよ。
とお答えしています。


もちろん何か用があって電話をいただいているので
資産活用に絡んで色々と対応しなくてはいけないらしく
結局は未登記のものを登記しなくてはいけない

昨年から何度が対応しているが
なかなか難しい。


確か一番最初に必要だったのが
固定資産税の納付で送られてくる明細部分。

これと実際の大きさが合っていると
そんなに難しくないのだが
違っていて訂正して大変な思いをした中古住宅が
本年一件ほど。

手順に関しては
専門家でないわたしがあまり記録して
間違えてもいけないので
必要な時はぜひ土地家屋調査士さんや
司法書士の先生にアドバイスいただく事をお勧めします。


近年はあまり見かけなくなった未登記物件ですが
親の代では結構当たり前のようにあり
現金で建てる方などは実はそっちの方が当たり前だったりして(笑


何日か前に記録してる
住宅ローンが当たり前ではない時代の
当たり前ではない未登記が当たり前だった時代


よく考えてみれば
登記とは第三者への対抗要件であって
固定資産税などは黙っていても課税されるので
経費をかける必要がなかったんでしょうね。


ま、結論から言ってしまえば
建物を壊さない限り
相続の時に費用が発生しますので
念のため・・・






タグ:未登記


posted by (利 at 20:18 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


不動産のことなら まるよし産業 へ

まるよし産業