2012年02月16日

境界が決まらないので筆界特定を申請。

DSC_0342.JPGほどほど難しい制度で
期間と費用がかかります。




以前も記録していたようなしていないような。。。

本日はめいっぱいマニアックネタで
土地の境が確定できない時の制度を
利用しているオーナーさんのお手伝いをしていたのでその件を

元々の発端は前所有者さんだったり
近隣の方がうまく相続がまとまらない為に
土地の境界がハッキリしない状態になっていき
売却するにも分割が出来なくて・・・

なんていういきさつにより
わたし自身も今回が2度目の体験、
しかも前回は話ばっかりで
キチンと携わるのは実は初ネタ。
と言うぐらい普段はやる事がありません。


どちらかと言えば
以前のように土地の価値が上がっていく時なら需要も有ったでしょうが、
今は土地の価値が目減りする時なので
そんなに時間と費用をかける必要が無いように感じていますが

以前の時に要した期間は約2年。
全国的な展開をしている企業さんと行政と
やはり相続で色々ある隣地の方との調整に期間を要しました。

費用はざっと20万弱。
測量に要する日数や広さによって変わりますので
あくまでも一例としてとらえてください。


土地を売却したいと思った時から2年ですから
携わっている私たちも半分忘れた頃に終了し
そこから売却先を探して2年半?

長いですね〜
今回はどうなる事やら。。。




実はわたしはここ以外でも
やった方がいいんじゃないの?
なんて思うようなオーナーさんの案件を知っているが
わたしのアドバイスは終始一貫して
「損して徳とれ」という事を伝えています。

時間の方が価値があるので
坪数にこだわるよりも早く解決しましょう!
そして次に向かって力を使いましょう。

とお話していますが、
実際にはなぜか泥沼にハマります。
古いいきさつや感情の修正は難しいみたい。




残念ながら現実です。




2年経ったら今からなら消費税が上がって
完全に土地の時代は終焉をむかえており
処分するのが大変でしょうね。

今回の場合は
その処分するのに境界の確定が出来ずに
仕方がない面もあるのですが

人に歴史あり、土地にも歴史があって
難しいものですね。


境界でうまくいってない方は、あまりお勧めしませんが
行政に決めてくれる制度がありますので
ご一考をhttp://www.moj.go.jp/MINJI/minji104.html







タグ:筆界特定


posted by (利 at 16:47 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


不動産のことなら まるよし産業 へ

まるよし産業