2012年11月21日

町内会について懇談

DSC_0910.JPG意外というかもっともというか

賃貸物件の特にアパート関係が

議論されていました。



加入状況を聞くともっともですが

現状とのズレもまた…













加入促進という意味では

さすがに町内の方々もがんばって行きたいという思いもあり

いろいろな事をされているのがよく分かり

改めて大変なんだな〜と感じました。


そういうわたしも

子供が生まれて、いやもっと正確には

子供が小学校に上がるのをキッカケに加入はしたが

元々は町内会には加入していなかった組なので

大きな口はたたけませんが


一言で言ってしまえば

加入しなくても何とか生活が出来てしまっており

加入はしてみたが共働き世帯としては

役が回ってきたらどうしよう?

なんて思っている今日この頃です。




自分の感覚を思い出しながら記録してみると

町内会の加入も商売のターゲット絞りと同じで

未加入者が多い特にどの人たちに対してアプローチするのかで

やり方が大きく変わってくるのだと思っています。


最近のわたしの分析では

・団塊の世代といわれる世代

・団塊ジュニアといわれる世代

・バブルを知らない世代

などと勝手に分類し(笑)


各世代によってアプローチの方法が違うんだと認識しています。




いずれ、加入して悪い制度ではないので

不動産という立場で協力できる所をがんばります。








タグ:町内会


posted by (利 at 05:24 | 青森 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


不動産のことなら まるよし産業 へ

まるよし産業